ほかほか新米

やすすに背伸びしてキッスされたい人生

国民的アイドルってすごいなと思った

自分の近況を話すときに、「最近関ジャニ∞にはまってね~」ということが多くなってきました。新米です

ところでさ、関ジャニ∞すごくない?国民的アイドル、すごくない?基本的にわたしが関ジャニ∞にはまったことを話すと、たいてい返ってくる反応は以下の2パターン
①「そうなんだ~関ジャニ∞いいよね~」
だよね、いいよね、ね!!!
②「まじかおまえがか」
こんなわたしがはまって悪かったな!!!
ただ、②の場合でも、この後には基本的に「関ジャニ∞いいよね」が続く。あまつさえ、「関ジャムおもしろいよね」とか「メンバーの仲良さそうでいいよね」などなど。これまで好きなアーティストの話して、こんなに共感もらったことない…

わたしはそもそもそんなにテレビを見るタチではなく、「1年間のテレビ視聴時間の7~8割を占めるのは年末年始の特番」という生活を送っていたので、関ジャニ∞とは全く無縁の世界に生きていました。
だが、世間は違う!
すごいぞ!
みんな関ジャニ∞を知っている!
そして、結構な割合でいいよね、と言ってくれる!
(もちろんわたしがはまったという話し出しだからかもしれないけれど)
お茶の間で楽しんでる人、結構多いんだなあすごいなあとびっくりしました。一般の認知度高いのね!(世間知らずの発言です)国民的アイドルってこういうことなんですね

しかし、彼氏に関ジャニ∞にはまった告白をするのはなかなか勇気が要りました。わたしの彼氏(味噌汁好きなので味噌氏とします)は最近海外出張を頻繁にしており、日本にいるときが実は日本出張なのでは?という有様。わたしが関ジャニ∞にはまったときも、海外にいました。で、結構悩みました。
どうカミングアウトするか。いや、ジャニーズにはまるのが悪いことじゃないというのはもちろんそうなんです。ただ、「関ジャニ∞にはまったよ!」というからには、いい反応をしてほしい…ただのいい反応じゃ嫌だ…絶賛してほしい…できれば一緒にコンサートに行ってほしい…
そんな重い期待をしていたので、なかなか言えませんでした。が、そんな心配は無用でした。

シーン1
関ジャニ∞好きをカミングアウトしたとき
米「あのね、関ジャニ∞にはまったんだけど…」
味噌「えっ!俺この前この動画見てたよ」

【関ジャニ∞】 Never Say Never めざましテレビ レコーディング バージョン 永島アナ失言!?
米「えっなにこれ初めて見た…!」
味噌「安田くんすごいね〜」
米「めちゃ良い…(『ジャム』買おう…)」
味噌(ギタリスト)「関ジャニ∞のコピーしてみたいんだよね」
米(まじか…想像以上だった…)

シーン2
ドライブに『ジャム』を持って行ったとき
米「あの…関ジャニ∞かけていいかな…?」
味噌「うわ~これ一番新しいやつでしょ。これ買おうか迷ってたんだよね~」
米「!?」
味噌「この声大倉くん?大倉くんもいいね。すばるくんとかは癖があってそれも良いけど、大倉くんの安定感やばいな…歌も良い顔も良い背が高いしかもドラムってどういうこと?」
米「そう!そうなんです!」
味噌「アッこの曲関ジャムで見た。振り付けが2パターンあって~~~って(『今』)」
味噌「これも!『このパートをすばるくんに任せたい』って話になってたけどほんと上手いねすばるくん(『DO NA I』)」
米(いや待ってわたしより詳しいやん…(放送時はまだ関ジャムを見ていなかった))
味噌「『Never Say Never』この名だたる人たちの曲の中でも全く見劣りしないし、安田くんすごい」
味噌「丸山くんベース上手いよね!ハマ・オカモトから習ってたしね!」
米(あなたすごいわ…)

シーン3
コンサートに誘ったとき
米「関ジャニ∞のコンサートいきたいな〜(様子伺い)」
味噌「いいねいいね〜」
米「もしチケット取れたら一緒に行ってくれる?」
味噌「えっ!いいの?」
米「えっ!こちらこそいいの?!」
味噌「うわあ楽しみ〜!」
米「うちわ買って応援する?(恥ずかしがるやろ)」
味噌「買っちゃおうかな〜?」
米「誰の買うん?(いや、さすがに決まってはいないよな)」
味噌「錦戸くん(即答)」
米「決まっとるんかーい」
味噌「『流星の絆』のときから錦戸くんは結構好きでさ」
米(9年前じゃん…)

結論、
国民的アイドルってすごい
(味噌氏もすごい)

さて、そんなこんなで今日郵便局にダッシュし、ファンクラブに入ってきました。(コンサートに行ってくれる人が思い浮かばず悶々してたので入ってなかった)
あれ、好きなメンバーとか書くんだね、びっくりした

あ〜〜早くコンサートしてほしい!!!!無理!!!!待てない!!!!

以上、新米でした